障害情報お問い合わせ

緊急対策の議論や指示までできる、サイボウズの次世代型安否確認システム

無料お試しの申込みはこちら

30日間、無料でお試しいただけます

お電話でのお問い合わせ
050-3816-6666(10時~18時 土日祝日を除く)
デバイス

増える災害〜「しばらく大地震は無い」は、決して無い〜

2011年3月11日、東日本大震災は、地震と津波で日本から多くのものを奪っていきました。しかし、この震災で次の震災までの一定期間が保証された訳では一切ありませんでした。実際、2016年4月14日に熊本大地震が発生し、今も被災地の復興が急がれています。また、熊本の地震では余震・本震の区別が難しいほどに地震が多発したことから、改めて地震予知の難しさを認識させられました。明日、大地震が来るかもしれない状況は震災前後で何も変わらないのです。首都直下地震、南海トラフ地震などは今後いつ起きてもおかしくないものとして懸念されています。

増える災害を見る

BCPとは〜最低限守るべき約束です〜

BCP(事業継続計画)とは、災害や事故などの脅威に対し、効果的な対策と企業体力の回復を図る計画のことです。それと同時に、災害時において自社の従業員や顧客、取引先、近隣住民等との間で交わす、最低限守るべき約束です。災害が起きてしまったからといって、全ての事業、活動を止めてしまってはそれまで築き上げた信頼が一気に崩れてしまいます。

BCPとはを見る

BCPの必要性〜何故、今BCPが必要なのか〜

企業を襲う災害による損失が余りにも大きいと、事業継続が不可能な事態に陥ります。このような事態を避けるために対策を前もって用意しておくことが勿論必要となります。しかし、緊急時への対策を実行するに当たって、予め災害を想定した計画を策定しておかないと、優先順位を間違えたり、必要な措置を忘れたりといったことが想定されます。それらを避けるためにBCPの策定は必要なのです。

BCPの必要性を見る

機能一覧〜災害時に必要なフル機能〜

災害時にはパニックに陥ります。パニック時だからこそ、簡単に。尚且つBCPにおいて安否確認システムは、一斉送信による安否確認、自動情報集計、加えて状況や部署に合わせた対策指示を行えることが必要です。ただの「安否確認」だけでは不十分で、コミュニケーションがとれることが必須となります。

機能一覧を見る

なぜこの仕様に?〜本当に使える安否確認システムを目指して〜

震災を経験し、企業のBCPにおいて何が必要なのか明らかになりました。一斉送信とそれに返答するだけの安否確認システムは災害時にほとんど意味をなさず、その名の通り「安否確認」だけで終わってしまいます。しかし、BCPにおいて重要なのはむしろそこからで、無事で出社可能な状況や、怪我を負い出社不可能な状況など、従業員の状況に合わせた第二報、第三報を送る、といったコミュニケーションがとれて初めて意味のあるものとなります。弊社安否確認サービスは上記の様なコミュニケーション機能を実装のうえ、確実にコミュニケーションを取るための回答方法や、膨大なアクセスにも耐えうる構成、必要な人にだけ必要な通知を行う仕様となっております。

なぜこの仕様に?を見る
無料お試しの申込みはこちら