緊急時の議論や指示までできる
サイボウズスタートアップスの次世代型安否確認システム

お電話でのお問い合わせ
050-3816-6666
(10時~18時 土日祝日を除く)
  • 株式会社リクルートエグゼクティブエージェント様
  • 多摩都市モノレール株式会社様
  • 丸紅都市開発株式会社様
  • ラクスル株式会社様
  • TDK株式会社様
  • 株式会社コープデリバリー様
  • 東京ガスエネルギー株式会社様
  • 医療法人慈光会 甲府城南病院様
  • さくらインターネット株式会社様
  • 東葉高速鉄道株式会社様
  • 三菱地所・サイモン株式会社様
  • 株式会社京王エージェンシー様
  • 株式会社ラック様
  • 株式会社マーベラス様
  • 株式会社さわやか様
  • 東京廃棄物事業協同組合様
  • 株式会社プロネクサス様
  • 株式会社興建社様
  • 東洋合成工業株式会社様
  • 株式会社博展様
  • 株式会社ユカ様
  • 株式会社ターミナルサービス様
  • 株式会社協振技建様
  • 株式会社コイケ様

初期音声はオフになっています。テロップが入っていますので、音声なしでもご覧いただけます。

災害に強く、シンプルで直感的な操作画面

  • 国内での災害を想定し、インフラは国際分散されています。

  • 国内シェアNo,1のグループウェアを踏襲し、シンプルで直感的なデザインなっています。

安否確認のその先へ

  • 気象庁の情報に連動して、自動送信

    <スマートフォンメール画面>

    気象庁発表の災害情報を自動挿入

    IDやパスワード不要でアクセスできる、ダイレクトログインURL

    フィーチャーフォン(ガラケー)からのアクセスにも対応するURL

    気象庁発表の災害情報を自動挿入

    IDやパスワード不要でアクセスできる、ダイレクトログインURL

    フィーチャーフォン(ガラケー)からのアクセスにも対応するURL

  • 自由に設定できる設問フォーム

    <スマートフォン>
    <フィーチャーフォン(ガラケー)>
    ラジオボタン チェックボックス テキストボックス
  • 簡単操作で表示できる集計画面

    <ワンクリックで絞り込みが可能>
    <部署別、地域別での表示が可能>
  • 災害時に強い、オンライン上の会議室

    全社員へ情報共有できる 【掲示板】機能

    全てのユーザーが閲覧・書き込みできるオンライン上の掲示板です。
    双方向でやり取りしながら情報共有ができます。

    限定的なメンバーで議論ができる【メッセージ】機能

    指定したメンバーだけが閲覧・書き込みできるグループ掲示板で、書き込みの通知もできます。
    役員や防災担当者だけで議論したい時に便利です。

    設問をつけて集計もできる【一斉送信】機能

    設問をつけて部署や地域単位、全てのユーザーに手動で一斉送信できます。
    自宅待機など、指示を出す際にも活用できます。

    <スマートフォンアプリ>

安否確認や情報共有だけでなく、指示や参集も行えます。

初期費用無料、1社6,800円~

  • 初期費用0
  • 追加費用0
  • サーバー費用0
  • バージョンアップ費用0

プラン別の利用料金以外の費用はかかりません

他のツールとの違い

輻そうするメールサーバー

東日本大震災クラスの災害でも、パケット通信が規制されることは、ほとんどありませんでした。
しかし、メールのサーバーは時間の経過とともに混み合い、遅延していきます。

安否確認サービス2では、発災後に自動送信機能で、迅速に安否確認メールを届けます。
回答方法はウェブ回答なので、メールサーバーが輻そうしていても安心です。

緊急時のサービスとは異なるインフラ

グループウェアは日常業務で利用するサービスです。
その為、安否確認サービスとは違い、災害発生時のサーバーの自動拡張などがなく、断続的に利用できなくなる可能性が高くなります。

安否確認サービス2では、発災時とアクセス集中時の二段階に分けて、サーバーを自動拡張しています。

だれが送る?厳格なルールが必要

災害は往々にして休日や夜間、通勤時間帯に発生します。
発災時、災害の規模や範囲を即座に把握して、対象のメンバーの安否確認を行うのは、困難を極めます。

安否確認サービス2では、事前に設定した条件で安否確認メールが自動で送信され、集計結果もリアルタイムで反映されます。
その上、掲示板やメッセージなどの機能も備えている為、対策の指示や議論も同じツールで行えます。

増える災害、高まるBCPへの関心

2017年に行われた調査では、従業員300名以上の企業での安否確認システムの導入率は83.2%となっており、什器などの転倒防止対策を行なっている企業(76.2%)より、多いという結果になりました。
(公益財団法人 東京都中小企業振興公社 調べ)

2018年に行われた別の調査では、安否確認に利用しているツールは「安否確認システム(72%)」と回答した企業が最も多く、「電話」や「メール」という回答を凌ぐ結果となりました。(東京商工会議所 調べ)

数字で見る、安否確認サービス2

  • 有償契約数1000社以上
  • 利用ユーザー数55万以上

    1契約あたりの利用ユーザー数は
    50~20,000ユーザー

  • 簡単に使えるからこそ
  • 試せば納得

    半数以上のお客様が
    無料トライアル期間中にお申込み

上場企業や官公庁、他の安否確認システム提供会社でも利用されています

News Release

  • 満足度調査を実施しました

    2018年度の顧客満足度調査を実施しました。満足度は96.6%となり、高い満足度となりました。

    詳しい調査結果を見る

  • 無料マンガを公開しました

    安否確認システムが、なぜ必要なのかをマ解説しているマンガを公開しました。

    マンガを読む

  • 機能説明動画を公開しました

    機能の説明をしながら、実際の設定を行なっている動画を 公開しました

    動画の公開ページに移動する

  • 354社、8万人超が参加

    サイボウズスタートアップスの安否確認システムを用いて 全国一斉の安否確認訓練を行いました。

    一斉訓練についての記事を読む

利用開始までの流れ

  • STEP1
    無料トライアルのお申込み

    営業時間中にお申込みいただければ、即日利用開始できます。 機能制限はありませんのでユーザーは何名でも登録でき、一斉送信や掲示板機能などもお試しいただけます。

  • STEP2
    機能検証・導入検討

    資料や動画を見ながら、導入検討を進めていきます。
    操作につまずいた場合は、お電話やメールにてお気軽にお問い合わせください。

  • STEP3
    お申し込み

    トライアル期間中にお申し込みいただければ、登録したデータや設定を引き継いで、利用開始できます。
    期日に間に合わない場合でも、データの書き出しが一部行えます。

  • STEP4
    活用・サポート

    操作や設定に迷った場合は、利用ユーザー様向けのオンラインヘルプをご覧ください。
    もちろん、お電話やメールでもご相談いただけます。