複数システムでの比較表

最大の特徴

他社の安否確認システムとの最大の違いは、グループウェアで養われた誰でも使えるコミュニケーション機能になります。 弊社の安否確認サービスには一斉送信に加え、災害時に必要な2つのコミュニケーション手段があります。大災害翌日に全社員を自宅待機にするのか、通常出社させるのかや、どの復旧作業を最優先にするのかなどを、プライペート情報を教え合う必要もなく、主要メンバーで議論する機能(メッセージ)があります。また、現在の状況や今後の予定を心配な社員に知らせる(掲示板)ことができる機能が本サービスにはあります。

導入を検討している他社の安否確認システムは、緊急時に主要メンバーで議論し、指示が出せますか?
安否確認をするだけで、BCP対策は十分ですか?

メッセージ機能の特徴は以下になります。

  • 個人情報である緊急連絡先を教えあう必要がないこと
  • 設定によって、「マネージャー以上」もしくは「誰もが」その場でグループを作成できること
  • 書き込みに対して、登録したグループメンバーに通知されること