特徴と必要性

BCPとは

BCP(事業継続計画、Business Continuity Planningの略)とは、これまでに築いた企業の競争力と企業価値を維持することを前提に、災害や事故を含む社内外の脅威に対し、効果的な対策と企業体力の回復を図る計画のことです。

自然災害の発生頻度の高い日本国内では災害対策、特に地震、津波への対策の構築という意味合いで使われる事が多くなっていますが、もともとBCPとは地震等の災害の対策だけではなく、火災やテロ、設備事故やインフラの喪失、大規模感染症対策、犯罪行為など、事業活動に関係する全ての業務に支障を来す事態に対する対策の構築を目的にしています。

災害など事業継続するにあたり重大なアクシデントに遭遇した場合、一時的に操業の度合いは落ち込み、企業収益が悪化します。この悪化した状態が長く続いた場合、収入より支出が増え収支バランスが崩れ、事業継続が困難になり倒産や解散といった事態に陥ってしまいます。

BCPでは企業としての活動継続に危険を及ぼす対象リスクを策定し、そのリスクが発生した場合に、「発動」、「業務再開」、「事業回復」、「完全復旧」の各フェーズに合わせて、判断すべきポイント、復旧の順序が定義されています。

無料お試しの申込みはこちら