機能一覧

災害時に必要なフル機能

パニック時だからこそ、誰でも簡単に。安否確認と情報集計、対策指示のすべてができます。

1.安否確認機能

  • 地震や津波、その他の大災害時(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)の発生時に、予め登録いただいたプライベート連絡先に一斉送信します。
  • 大災害時にも連絡を取りやすくする、スマートフォン専用アプリが利用できます。
  • プライベート連絡先に、災害に強いTwitterアカウントを登録することができます。
  • 気象庁の地震/津波情報/特別警報と連携し、自動一斉送信ができます。
  • 一般ユーザーは、パソコン、スマートフォン、携帯電話など、マルチデバイスで登録ができます。
  • 一般ユーザーは、ユーザーIDやパスワードを登録することなく、ダイレクトログインで登録ができます。
  • 安否確認の未回答者には、自動で再送信することができます。
  • 事前に登録した家族だけが使える家族掲示板を利用できます。
  • 一斉送信時に、家族安否機能の選択ができます。

2.情報集計機能

  • 危機管理責任者やマネージャーの役割に設定したユーザーは、連絡状況を一覧表で確認することができます。
  • 全社集計、部署別集計、地域別集計を確認することができます。
  • 各設問/各回答の項目での該当者一覧を確認することできます。
  • 危機管理責任者やマネージャーには、一斉送信時に連絡状況の集計ページを案内するメールが送信されます。
  • 集計結果をCSVファイル形式で出力することができます。
  • 各設問/項目での該当者一覧を利用して、個別メールやメッセージが送信できます。
  • 危機管理責任者とマネージャーは、各ユーザーに代わって代理登録ができます。

3.対策指示機能

対策指示機能
  • 災害時に必要と考えられる、災害状況から判断される最適なメンバーと対策を議論する機能(メッセージ)、途中経過を知らせる機能(掲示板)、結果を報告する機能(メール)の3つの異なる情報伝達機能が利用できます。
掲示板:
不安な一般社員に対して、現在の状況を知らせることができます。また、メール受信ができないときには、各自で状況確認する唯一の方法となります。また、各掲示内容に防災マニュアル等が添付でき、写真などの添付ファイルを含めた書き込みをすることができるので、広く現状確認を求めるような使い方にも利用することができます。
メッセージ:
対策を検討するに最適なメンバー間で議論するアクセス権のかかった電子掲示板を作成することができます。書き込みのタイミングで、登録されたメンバーのプライベート連絡先に通知がされますので、災害時でも安心して議論することができます。
メール:
現状確認を取るためなど設問を付けた一斉送信をするとともに、メッセージなどの議論で決まった内容は設問を付けない一斉送信で連絡をすることができます。

4.事前準備

ユーザーの登録

  • ユーザー情報や地域、部署情報は、CSVファイルで一括登録ができます。
  • メールアドレスを配布していないパート社員やアルバイトでも登録することができます。

一斉送信の準備

  • 各種の災害に合わせて、設問フォームやメールテンプレートを無制限に準備することができます。
  • 地震/津波、その他の大災害時(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)の自動一斉送信として、気象庁から発表される詳細地域で設定することができます。
  • 予約の一斉送信として、日時の条件で設定しておくことができます。

プライベート情報の登録

無料お試しの申込みはこちら