機能一覧

訓練レポートの提供

今だけ!今年実施した一斉訓練レポート実物を公開中!

安否確認サービス2では年に一回、防災の日に、ご利用いただいている全お客様を対象に、一斉送信の同時一斉訓練を行います。
全企業、全ユーザー(家族は除く)に向けて一斉送信を行い、回答率や回答速度に関してまとめたものをレポートとして提供致します。

下記項目をグラフ化し、レポートとして提供する予定です。

  • 全企業平均の回答率と一斉送信からの時間の推移
  • 個別企業の回答率と一斉送信からの時間の推移
  • 回答率と回答にかかった時間の全企業分布表

など
※企業名をレポート内で公開することはありません。

このレポート提供によって、下記を解消/改善ができると考えております。

1.管理者含め、コントロール不可の状況で訓練ができる

通常、社内の管理者が一斉送信を行い各ユーザーに回答してもらう流れになりますが、これでは管理者の訓練にはなりません。今回の「全ユーザー同時一斉訓練」では、実施の日付と時間帯までしか公開されず、詳細な開始時刻は管理者の方にも通知されません。実際の災害時と同様、一斉送信が届いて初めて、管理者も事態を把握することになります。

2.メーカー(サイボウズスタートアップス)の負荷状況が確認できる

他社サービスから乗り換えのお客様からよく聞くケースとして、「今のシステムは自社での訓練では稼働するけど、災害時にはアクセスが集中しすぎてサービスが停止してしまった」というものがあります。
「全ユーザー同時一斉訓練」では、メーカーであるサイボウズスタートアップス社にも最大限のアクセス負荷が発生し、「実際の災害時に、アクセスが集中してもシステムが稼働するか」の確認ができます。

3.訓練後のレポートで、自社の課題が発見できる

「全ユーザー同時一斉訓練」の後、全企業の平均や各社個別の数値を用いたレポートを提供致します。『他の会社の結果はどうなのか?』『うちの会社は平均と比較してどうなのか』という疑問に答えます。自社の位置付けの把握や、今後の課題発見に活用できます。

次回実施予定日 2019年9月2日(月)
実施時刻 非公開(10:00〜15:00のうちのいずれかのタイミングで送信します)
送信対象 全ユーザー(家族は除きます)
閲覧権限者 全ての危機管理責任者(部門含む)、マネージャー(部門含む)
一斉送信の「責任者」 「システム設定>危機管理責任者の設定」内で、一番上に位置しているユーザー
自動再送信 1回、3時間後
一斉送信の内容 サイボウズスタートアップスが設定したもので、お客様は変更できません。
設問 サイボウズスタートアップスが設定したもので、お客様は変更できません。

危機管理責任者が存在しない会社は一斉訓練が行われません

ご契約中のお客様には、別途、参加/不参加の登録案内をさせていただいております。

一斉訓練の通知/設問イメージ

一線訓練の通知や設問イメージです。画像はイメージであり、当日の内容は異なる場合がございます。また、通知メール内のURLは設定によって「httpsのみ」もしくは「httpsとhttp両方」で届きます。自社の設定を確認したい場合は「システム設定」→「通信プロトコルの設定」をご確認ください。

■通知イメージ(メール)
■設問イメージ
無料お試しの申込みはこちら