サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2

従来の安否確認サービス終了に関するお知らせ

安否確認サービス(以下、安否1)を2011年12月にリリースしてから多くのお客様にご利用いただいておりましたが、情報セキュリティ対策におけるメンテナンスコストが上昇しているため、2020年11月30日(月)をもちましてサービスを終了することになりました。

既に次世代サービスとして、2016年12月に後継サービスの安否確認サービス2(以下、安否2)の提供を開始しておりますので、そちらへの移行をお願いします。

※移行をご希望の場合は、安否2のトライアル環境が必要となります。

安否確認サービス2について

このページでは、より便利になった安否2と安否1の違いについてご紹介します。
また、移行セミナーの開催も予定しております。お申し込みは以下のリンクからお申し込みください。

メッセージ、掲示版でのファイル添付機能が標準機能

安否1では、ファイル添付機能は「特別プラン」として、別途料金を頂いておりました。しかし安否2ではプレミアプラン以上であれば、標準機能として別途料金が発生することなくご利用頂けます。

※ライトプランでは非対応

連絡状況画面が見やすくなりました

安否2では連絡状況の部署別集計結果の表示方法を、ドリルダウン表示に変更しました。
これにより、いままで以上に連絡状況画面が見やすくなりました。

役割に「部門マネージャー」を追加しました

安否1では、マネージャーに対しての閲覧制限はマネージャー全員に対して制限をおこなうか制限をしないかの2択でした。
安否2では新たに「部門マネージャー」という役割を追加しました。
2つ役割の違いに関しては、「マネージャー」は、登録されている全てのユーザーに対しての閲覧権限を有し、「部門マネージャー」は、自分の管理している部署を含めた配下に所属するユーザーのみに限定した閲覧権限を有します。
これにより、これまでより細かな権限設定が可能です。

余震に関する仕様変更

大きな地震のあとには、余震がつきものです。余震は本震に比べれば規模が小さいため、比較的油断してしまう傾向にありますが、余震で被害が生じる可能性も十分にありえます。

というのも、本震では倒壊していない建物も、その後の揺れでみるみる壊れていくということや、土砂災害が起きやすくなったりします。そのため、余震だからと言って決して油断して良いものではなく、小さな揺れであっても細心の注意が必要です。

安否2では安否1にあった余震判定機能をカットし、余震の度にメールを送信する仕様となっています。
その代わり新たに合算集計という機能を実装しております。こちらの機能を使うことで、管理者の方は分散したユーザーの回答結果を1つの集計結果として確認できるのはもちろん、関東で本震が発生し、その後関西で余震が起きた場合であっても、一括して状況を確認することが可能です。

刻々と状況が変わる中で、余震の都度送信を行い、ユーザーは過去の通知に遡って回答する必要なく、直近届いた通知から回答するだけでよく、管理者はそれらの結果を1つにまとめて確認ができます。

アプリ内でもメッセージや掲示版が操作できるようになりました

安否1のスマートフォン専用アプリでは基本的に通知を受け取るだけで、その後の操作はアプリからブラウザに遷移して行なっていました。
安否2では、設問への回答はもちろん、掲示版やメッセージなどの機能もブラウザに遷移することなくアプリ内で操作可能です。
これにより、一般ユーザーはアプリさえ確認していれば、ブラウザにその都度アクセスすることなく利用できます。

社内の人事情報と自動連携を行うためのAPIを公開しました

ユーザー情報の二重管理を防ぐため、ユーザー情報連携のためのAPIを公開しました。お客様側で開発が必要になりますが、社内の人事情報を安否2のユーザー情報へ自動的に連携を行うことが可能になりました。
これにより、従業員の入退社や異動があった際、人事マスタへのデータを入力するだけで安否確認サービスのユーザー登録も完了することになります。

2重管理がもたらしていたユーザーの登録漏れや、削除忘れとは完全に決別できます。

※エンタープライズのみ対応

多言語に対応しました

これまで、メールの本文や設問フォームは自由に編集・設定ができた為、英語での表記が可能でしたが、アイコンやホーム画面は日本語のままでした。
安否確認サービス2では、ユーザーが操作する掲示板や個人設定ページはもちろん、マネージャー等が操作する連絡状況や連絡網も、英語表記に対応しています。

※エンタープライズのみ対応

一斉訓練機能

安否1で訓練を行う場合は、管理者が手動で一斉送信か予約送信機能を利用して行っていたと思います。安否2では、新たな試みとして利用しているお客様全員を対象にした一斉訓練を実施する予定です。
管理者の方も何時に送られてくるかまではわからないので、より災害時に近い形で訓練を実施できます。その上、実施後には全体のレポートと、お客様単位での個別レポートを作成して配布しますので、他社に比べてどのくらいの回答率なのか等、訓練の振り返りもできます。

よくあるご質問

プライベート連絡先は再度ユーザーに登録してもらう必要がありますか?
プライベートメールアドレスに関しては、移行ツールをご用意しております。こちらをご利用頂ければ各ユーザーのプライベート連絡先を暗号化された状態で、安否2へ移行することが可能です。
尚、Twitterとアプリに関しては、再度の登録が必要です。
移行に関して料金は発生しますか?
移行費用等は特に頂いておりません。また、短期間であれば安否1と安否2の併用期間を設けることもできます。お気軽にご相談ください。
移行の流れは?
まずは安否2の環境が必要になりますので、無料お試しの申し込みをお願いします。
その後、移行ガイドを元に移行作業を行います。
移行は誰が行いますか?
移行に関しましては、お客様側で行なっていただきますので、お好きなタイミングで移行が可能です。
移行ガイドもご用意しておりますのでご安心ください。
安否1のままでも問題ないですか?
2020年11月末をもって安否1はサービスを完全終了します。
そのため、2020年11月末までには必ず安否2への移行を行う必要があります。
移行をしない状態で、サービス終了期日を過ぎてしまうと、データは削除され復元はできませんのでご注意ください。